DV(ドメスティック・バイオレンス)とは
DVの対処法
DVの被害状況
Dv加害者を検証
DV克服法
児童虐待
親に対する子供のDV
夫によるDV

DVの克服法と対処法

親の子供に対するDV

家庭内暴力

「家庭内暴力」とは、他の時代や日本以外の国にはあまり見られないDVのタイプです。現代の日本の社会が何らかの問題を抱えているために、現代の日本で頻繁に起こっていると考えられます。

その原因はというと、「子どもに対して過保護」であるということです。過保護に育てられた子どもは家庭外の人間には親切な場合が多く、一方家庭では自分の親に対してわがままになり、自分のわがままを通すために暴力をふるってしまいます。

ではなぜ過保護に育ててしまうのか、それは「母と子が密着した生活をし、父親の存在が薄い」という日本社会の子育ての傾向が影響しています。日本では子育ては女性の仕事とされる概念があり、女性は子どもが生まれると子育てに専念する場合が多いので、母と子どもだけが密着した生活を送ることになります。

さらに小さい時からの子どもに対するしつけがきちんとできていないことも、現在の日本では問題となります。少子化で子どもが少なく、しつけが必要なときでもただかわいがるだけの傾向が若い母親たちにはあります。

しつけもきちんとされずに育つと、自立心も育たないまま成長し、家庭内ではそれですんでいたものが、いったん社会(子どもの世界では幼稚園、学校など)に出ると、家庭との違いに子どもが対応できずに不安定になりそれが子どもにとってストレスとなります。

こうして不登校だったりいじめだったりの問題に発展し、そのことで子どもの心が次第に蝕まれ、家庭内暴力へつながっていきます。

プライバシーポリシーサイトマップ | Copyright (C) DVの克服法と対処法 All Rights Reserved