DV(ドメスティック・バイオレンス)とは
DVの対処法
DVの被害状況
Dv加害者を検証
DV克服法
児童虐待
親に対する子供のDV
夫によるDV

DVの克服法と対処法

夫によるDV

夫からの暴力

DVはさまざまなものがありますが、はやり一番多いのは配偶者間で起こるDVです。その中でも夫から妻への暴力が圧倒的に多いのです。

夫からの暴力には家庭内でおこるいわゆる密室で起こる暴力で、妻が勇気を持って立ち上がらない限り、発覚することはないのが特徴です。

直接何らかの力を行使する身体的暴力には、平手やげんこつで打つ、足で蹴る、凶器で殴る、刃物をつきつける、髪を引っ張る、首を絞める、引きずりまわす、物を投げつけるなどの暴力があります。

直接力を行使はしませんが言葉によって傷つける精神的暴力には、大声でどなる、相手を馬鹿にする言葉を言う、無視をして口をきかない、大切にしているものを壊す、人前で馬鹿にする、命令口調で言う、子どもに危害を加えるなどです。

経済的暴力には、妻に仕事をさせない、生活費を入れない、家のお金を持ち出す、借金を繰り返す、買物の指示をする、クレジットカードを使わせないなどがあります。 社会的に隔離する暴力は、実家の家族や友人と連絡を取ったり会ったりさせいない、電話や手紙・携帯メールを細かくチェッする、外出をさせないなどがあります。

性的暴力には、性行為を強要する、妊娠した場合に中絶を強要する、嫌がっているのにポルノビデオや雑誌を無理矢理見せる、避妊しないなどがあります。 長年、「法的には家庭のことには立ち入らない」という慣行がありましたが、DV防止法(配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律)」が施行されてからは、暴力行為が認められる場合、夫が直ちに拘束されることも可能になりました。

プライバシーポリシーサイトマップ | Copyright (C) DVの克服法と対処法 All Rights Reserved