DV(ドメスティック・バイオレンス)とは
DVの対処法
DVの被害状況
Dv加害者を検証
DV克服法
児童虐待
親に対する子供のDV
夫によるDV

DVの克服法と対処法

DV克服法

被害者の克服法

DVの被害者は、DVを受けている中で「自分が悪いから暴力を受けるのだ」という考え方を加害者から刷り込まれています。暴力を受け続けているうちに自己を否定してうつ状態になり、無気力になります。

親しい友人や親兄弟からのつながりを断たれている場合も多いので、なかなかDVから逃れられない状況にあります。しかし悪いのは加害者です。もしもDV受けているのでは?と思ったら、まず誰かに相談することが大切です。

そして「配偶者暴力相談支援センター」の存在があることを知って、将来のことを考えるポジティブな発想を持つことがDVから抜け出す方法です。

「配偶者暴力相談支援センター」は、DVを受けている人の相談を受け付け、被害者を保護する機能の他に、その後の被害者の自立支援という役割を担っており、これはDV被害者にとってとても重要なことです。

配偶者暴力相談支援センターから自立支援のため委託される形で、「民間シェルター」という施設があります。「民間シェルター」は、NPO法人や社会福祉法人などの民間団体が運営し、DV被害者を一時的に保護する施設です。現在は被害者を一時的に保護するだけでなく、相談にも対応しています。被害者の自立をサポートなども行うようになっており、その後DV被害者が自立して生活していけるようさまざまな支援を行っています。

DV加害者からの執拗な追跡などを避ける必要から、民間シェルターは所在地が公開されていません。被害者は安心して安全に場所に保護され、支援を受けられるようになっています。

プライバシーポリシーサイトマップ | Copyright (C) DVの克服法と対処法 All Rights Reserved