DV(ドメスティック・バイオレンス)とは
DVの対処法
DVの被害状況
Dv加害者を検証
DV克服法
児童虐待
親に対する子供のDV
夫によるDV

DVの克服法と対処法

DV克服法

DV撲滅のために

DVは、加害者の一方的な暴力だけではなく、被害者との関係、環境の問題、社会的なバックグラウンドなどさまざまな要因が絡み合ってそこで起こるものだと考えられます。

DVが起こったときは、まずはDV被害者の保護が第一優先ですが、これからは加害者・被害者双方からDVが起きる要因を考え、法的に制度を整えていく必要があります。

DVの要因としていくつか考えられます。DV初期段階では「加害者と被害者のコミュニケーション不足」によって、DV状態が長期化することがあります。加害者・被害者がお互いを理解しようとする努力することで、解決する場合があります。

さらに「DVを直視できない」というのとはDVが存在することに目を背け、DVがなかったかのように思い込むことです。そのため「DV回避への無策」になり、DVを解決する方法を失ってしまいます。

これらの要因は「DVに関して社会的に認知されていない」ということが根本にあると考えられます。そのためDV当事者がDV自体に気付かない、または気付きたくないという意識が働き、DVの存在を隠してしまいがちです。もしDVが社会的に認知されていれば、当事者以外の周囲の人たちでもDVの存在に気付くことができ、早急に対応ができるはずです。

さらにDV加害者に対して更正プログラムの受講を法律的に制度化することでDVを繰り返さない、起こさせないことになります。DVとはどんなものなのかが社会的に啓蒙されること、そしてDV加害者の更正プログラムの法的確立をすること、これが今後のDV撲滅の方法となるでしょう。

プライバシーポリシーサイトマップ | Copyright (C) DVの克服法と対処法 All Rights Reserved