DV(ドメスティック・バイオレンス)とは
DVの対処法
DVの被害状況
Dv加害者を検証
DV克服法
児童虐待
親に対する子供のDV
夫によるDV

DVの克服法と対処法

DV加害者を検証

DV加害者の目的

DV加害者の目的は、一体なんなのでしょうか。DVの目的は単なる暴力をふるうことではありません。DVは親密な関係にある相手に対して起こります。実はDVの目的は、親密な相手を失いたくないために相手を「コントロール」するために行っているのです。そのためにさまざまな暴力が行われます。

まず、相手をコントロールするために、恐怖心を抱かせ、孤立させるような行動とります。 たとえば、大声を出して恫喝したり、相手の嫌がることを言ったりします。さらには無視したり、無能で馬鹿だということを繰り返し言ったり、罪悪感を持たせるようなことをしたりします。

自由にできるお金を渡さないなど金銭的にも追いつめ、親兄弟や友人に会わせず社会から隔離するなど精神的にも追い込むようなことをします。そして殴る、蹴る、物を投げつけるなどの身体的暴力にまで発展します。

そうすることで被害者が「いうことをきかないと何をされるか分からない。怒らせたら暴力を振るわれるので怖い。逃げ出したいけれど体がいうことをきかない」と思わせるようにしむけます。

金銭的、社会的にも孤立させられ次第に被害者が心身ともに弱ってきて、加害者の言うことをきかざるを得なくなるのです。こうやって加害者を無気力にさせ支配できるようにコントロール可能な状態になっていきます。

そして被害者をコントロールするという目的が達成したら、その状態を維持し続けようとするためDVはさらに続いていきます。

プライバシーポリシーサイトマップ | Copyright (C) DVの克服法と対処法 All Rights Reserved