DV(ドメスティック・バイオレンス)とは
DVの対処法
DVの被害状況
Dv加害者を検証
DV克服法
児童虐待
親に対する子供のDV
夫によるDV

DVの克服法と対処法

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは

DVの種類

DVとは身体的に受ける暴力だけではありません。精神的、経済的、性的なさまざまな暴力をもすべてを含んだ暴力のことを言います。身体的に被害はなくとも傷つけることは人権を侵害することとなります。

ではDVにはどんな種類があるのでしょうか?大きくわけて5つの種類に分類されます。 一つめは「身体的暴力」です。殴る、蹴る、つねる、物を投げる、熱湯をかける、首を絞める等など、加害者が被害者に一方的に行う暴力ことです。

二つめは「精神的暴力」です。大声で怒鳴る、無視する、電話やメールを無断でチェックする、命令口調でののしる、いやがることを言って脅す等など、被害者にストレスがかかるようなことを繰り返し、精神的に追い込む暴力のことです。

三つめは「性的暴力」です。性交渉を強要する、避妊をしない、中絶を強制する、異常に嫉妬心をいだく等など性的に心身ともに受ける暴力のことです。

四つめは「経済的暴力」です。生活費を渡さない、 大きな買物の決定権を渡さない、酒やギャンブルに生活費をつぎ込む、仕事を制限する等など経済的に自由を許さない暴力のことです。

最後は「社会的隔離」です。携帯電話やパソコンの所有を拒否する、外出先や電話の相手を細かくチェックする、交友関係を細かく管理する、親兄弟から隔離したがる等など社会から被害者を隔離しようする行為の暴力のことです。 相手がそのような行為に至るのは愛情の現れで「自分が悪いからだ」と思ってしまう被害者がいます。DVを愛情と勘違いするのは大きな間違いです。

プライバシーポリシーサイトマップ | Copyright (C) DVの克服法と対処法 All Rights Reserved